更年期障害から身を守る方法|心が壊れる前に

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

中高年に多い心身の悩み

目頭を押さえる女性

更年期は全ての女性に訪れるものですが、症状の程度は人によって差があるため、軽度の人もいれば重度の人もいます。几帳面で責任感が強い人の方が症状が強く重く、家庭や職場でストレスや心配事が多いと強く出る事があります。更年期障害の症状は耳鳴りや動悸、肌の乾燥や不眠、疲れやすく慢性的な肩こりがある、顔の火照りやイライラが見られます。当てはまる個数によって症状の程度が決まるため、日常生活を見直す事で、更年期の具合を知ることができます。そして更年期障害は中年女性だけでなく、20代や30代の女性や働き盛りの男性にも発症するため、気を付けると良いです。比較的若い年齢で発症するのを若年性更年期障害と呼び、ストレスや不規則な生活習慣が引き金となって発症します。

症状が進行すると治療内容も変わってくる更年期障害ですが、体調や症状に合わせて治療は進んでいきます。軽度の場合は自宅ケアが中心となりますが、中度や重度になると医療機関を受診し、専門医指導のもとで治療を進めていきます。病院で更年期障害の相談するなら、女性外来か婦人科を受診すると良く、より専門的な治療を受ける事ができます。施す治療は女性ホルモンの低下が明らかであるため、ホルモン補充療法や漢方、服薬やカウンセリングを行います。更年期障害は治療が長期になる可能性もあるため、治療計画を立て、様子に変化が無いか観察しながら行います。ストレスが一番の大敵であるため、一人で抱え込まず専門医に相談すると良く、休養や睡眠のバランスを取ることを心掛けます。

体を守るために

腹痛

中々症状が現れないため、肝臓がんは悪化するまで気づきにくい病気です。しかし早期に発見すれば、決して治らない病気ではありません。肝臓がんは体重が落ちたりといった変化も表れるので、些細な変化に気づいた際には病院で検査を受けると良いです。

もっと見る

40代から増えるがん

お腹を押さえる婦人

喉から胃への食物の通り道を食道といいますが、その食道にできる腫瘍を食道がんといいます。40代を迎えると罹患率がアップします。初期症状が分かりにくいので、健康診断を定期的に受けましょう。早期治療できれば、完治可能です。

もっと見る

ハイレベルな対応

病棟

城東区は大阪市にある大規模に発展したエリアで、大型のショッピングモールなどが設置されています。城東区の内科は衛生面に配慮された環境となっていて、検査機器が先端的なので、しっかりと洗練された治療を受けることができます。

もっと見る